MOVIE

GIRLS

character designed by ケイゴイノウエ LINK

WORLD

concept designed by max prentis  LINK

夜空を見上げた時、憧れよりも諦めを感じた。
どこまでも続くその広さが、何より怖かった。

彼女たちが生きる世界は、
このセカイの形をしたまた別の世界。

彼方の大人たちは口を揃えて言う
「大人になるには、必ず、
あのバスに乗らなければいけない」
彼方の世界では、然るべき時が来れば、
何処からともなく「子供都市行き」の
バスがお迎えに来るのだ。

17才で迎えの来る子もいれば、
早い子は14才で来たり、
19才になっても、
まだ、やって来ない場合もある。
そして、誰ひとり、自分の「お迎え」が
“いつ来るのか?” を知らない。

その旅から生まれ育った町に戻り、
大人として生きる人もいれば、
永遠に子供都市から帰らない人もいる。

私たちの所にも、ついにお迎えがやって来た。
昔から何度も聞いたあの声がする
「必ず、乗らないといけない。」

12号車とナンバリングされたバスの乗客には、
この寂れた地方興行都市から
15人の少女が選ばれたようだ。
走り出した車内に
「終わらない夏の終わりへようこそ」
という覚めたアナウンスが鳴り響く。

彼女は、窓の外に目を向ける。
そこにはまだ、いつもの街があるようで、
もう、無かった。

 

MUSIC

E.P.

RE:SING’LE PROJECT

「SILENT」の楽曲には、
ペルソナと呼ばれる各収録曲の
インスピレーションになった“物語”を持つ
仮想少女たちが存在する。

      

DONWLOAD

Typography by ゆうたONE  LINK

FREE DOWNLOAD

商用利用含め、ご自由にお使い頂け〼。